公正証書遺言

公正証書遺言書とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことをいいます。
作成にあたり、遺言者が本人であることを証明するため実印印鑑証明書など必要なものを揃えます。
また、2人(以上)の証人とともに公証役場に行き、遺言者が遺言の内容を口頭で述べる必要があります。
遺言者が述べた内容は公証人が筆記し、確認のため遺言者と証人に読み上げ・閲覧をさせた後、署名押印をして完了となります。
作成した公正証書遺言の原本は公証人が保管するため、紛失・偽造の心配はありません。
また、遺言者には原本と同じ効力を持つ正本が渡されます。
万が一、正本を紛失したとしても、再交付をすることができます。
家庭裁判所の検認の必要もなく簡単に執行できる上、公証人が作成するため無効になることはまずありませんが、証人には遺言の内容が知られてしまいます。
従って、遺言の内容を知られたくない場合は、自筆証書遺言秘密証書遺言をご利用ください。

法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。

ご相談はお早めにどうぞ。

電話での相談予約

03-3503-8647(相談受付時間:平日9:00~19:00)

メールでの相談予約(24時間受付)

相談予約フォーム

相談時間

相談は事前予約制です。

平日9:30~19:30

事前にご予約いただければ夜間、土日祝日の法律相談に対応いたします。

相談費用

30 分当たり 5 千円

受任に至った場合相談料は報酬から差し引かせていただきます。

アクセス

港区西新橋1-21-8弁護士ビル308号

  • 地下鉄「虎ノ門駅」徒歩5分
  • JR・地下鉄「新橋駅」徒歩8分

お車でお越しの場合、ビルの向かい側のコインパーキングをご利用ください。