検認(遺言書の検認)

公正証書遺言を除く遺言書の保管者(または遺言を発見した相続人)は、遺言者の死後、速やかに遺言書を家庭裁判所に提出し、検認の請求をしなければなりません。
また、封印(封に押印がされているものであり封筒などを糊付けしたものは封印なりません)のある遺言書は、家庭裁判所で相続人などの立ち会いの上で、開封しなければなりません。
検認は、相続人に対し遺言の存在や内容を知らせるだけではなく、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付・署名などを確認し、遺言書の偽造や変造を防止するための手続きをいいます。
遺言が遺言者の真意であるか、遺言が有効であるか、などを審査する手続きではないので注意してください。
検認を受けずに遺言を執行した場合や、家庭裁判所以外で封印のある遺言書を開封した場合は、5万円以下の過料に処せられます。
更に、故意に遺言書を隠匿していた場合は、相続欠格者として相続権を喪失することになりますので、注意が必要です。

法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。

ご相談はお早めにどうぞ。

電話での相談予約

03-3503-8647(相談受付時間:平日9:00~19:00)

メールでの相談予約(24時間受付)

相談予約フォーム

相談時間

相談は事前予約制です。

平日9:30~19:30

事前にご予約いただければ夜間、土日祝日の法律相談に対応いたします。

相談費用

30 分当たり 5 千円

受任に至った場合相談料は報酬から差し引かせていただきます。

アクセス

港区西新橋1-21-8弁護士ビル308号

  • 地下鉄「虎ノ門駅」徒歩5分
  • JR・地下鉄「新橋駅」徒歩8分

お車でお越しの場合、ビルの向かい側のコインパーキングをご利用ください。