遺留分

遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人(被相続人の直系尊属及び直系卑属、配偶者)に対し、法律上必ず遺さなければならない遺産の一定部分をさします。
ただし、遺留分は相続人に認められる権利であり、相続欠格・廃除・相続放棄がある場合は、遺留分も認められません。
割合としては、直系尊属のみが相続人の場合は相続財産の1/3、その他の場合が1/2となります。
また、遺留分を侵害されている相続人は、遺留分を侵害している相続人に対し侵害額を請求することができます。
このことを遺留分減殺請求といいます。
遺留分減殺請求をしなければ遺留分を取り戻すことはできないので注意してください。
遺留分減殺請求の方法に決まりはありませんが、裁判で請求する場合、後日の証拠のため内容証明郵便にすることが多いです。
また、遺言執行者がいる場合、遺言執行者にも遺留分減殺請求をする旨を知らせます。
請求は遺留分の侵害を知ってから1年以内にしなければならないだけではなく、相続開始から10年を過ぎると消滅します。

法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。

ご相談はお早めにどうぞ。

電話での相談予約

03-3503-8647(相談受付時間:平日9:00~19:00)

メールでの相談予約(24時間受付)

相談予約フォーム

相談時間

相談は事前予約制です。

平日9:30~19:30

事前にご予約いただければ夜間、土日祝日の法律相談に対応いたします。

相談費用

30 分当たり 5 千円

受任に至った場合相談料は報酬から差し引かせていただきます。

アクセス

港区西新橋1-21-8弁護士ビル308号

  • 地下鉄「虎ノ門駅」徒歩5分
  • JR・地下鉄「新橋駅」徒歩8分

お車でお越しの場合、ビルの向かい側のコインパーキングをご利用ください。