遺言

日常用語では「ユイゴン」と読むことが多く法律用語では「イゴン」と読むことが多い遺言ですが、満15歳以上であれば誰でも作成することができます。
遺言は、故人の最終意思を示す大切なものですが、法律的に必要な条件を満たさないものは遺言として認められません。
法律上では、相続や相続人のこと、財産の処分方法、認知、などが認められています。
遺言を遺さなかった場合は民法で定められた相続人の相続分に基づき、遺産を分けることになります。
このことを法定相続といい、法定相続の相続人を法定相続人といいます。
遺言の方式は普通方式特別方式に分けられます。
また、普通方式の遺言は自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類に分けられ、特別方式の遺言は危急時遺言(一般危急時、難船危急時)・隔絶地遺言(伝染病隔離者、在船者)の2種類に分けられます。
一般的には普通方式で遺言を遺します。
いずれの方法もメリットとデメリットがあるので注意が必要です。

法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。

ご相談はお早めにどうぞ。

電話での相談予約

03-3503-8647(相談受付時間:平日9:00~19:00)

メールでの相談予約(24時間受付)

相談予約フォーム

相談時間

相談は事前予約制です。

平日9:30~19:30

事前にご予約いただければ夜間、土日祝日の法律相談に対応いたします。

相談費用

30 分当たり 5 千円

受任に至った場合相談料は報酬から差し引かせていただきます。

アクセス

港区西新橋1-21-8弁護士ビル308号

  • 地下鉄「虎ノ門駅」徒歩5分
  • JR・地下鉄「新橋駅」徒歩8分

お車でお越しの場合、ビルの向かい側のコインパーキングをご利用ください。