サービス残業

労働基準法では、1日8時間(1週間に40時間)を超えた労働をさせてはならないと決めています。
法定労働時間を超えて労働した場合や、法定休日や深夜(22時~5時)に労働した場合は、割増賃金を受け取る権利があります。
サービス残業とは、雇用主(使用者)から正当な賃金(労働基準法が定める時間外労働手当)が支払われない時間外労働のことをさし、賃金不払い(未払い)残業とも言われます。
雇用主が労働者に対し強制させる場合が多く、サービス残業をさせた場合は、労働基準監督署から指摘を受けるだけでなく、懲役刑や罰金刑が課されます。
また、労働基準法では1日の労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を与えなければならないことも決めています。
サービス残業の主な種類は、残業申請を行わせない、職場以外での仕事の強制、裁量労働制の導入、名ばかりの管理職にする、などが挙げられます。

法律相談のご予約

トラブルに巻き込まれたら、早期の相談が重要です。

ご相談はお早めにどうぞ。

電話での相談予約

03-3503-8647(相談受付時間:平日9:00~19:00)

メールでの相談予約(24時間受付)

相談予約フォーム

相談時間

相談は事前予約制です。

平日9:30~19:30

事前にご予約いただければ夜間、土日祝日の法律相談に対応いたします。

相談費用

30 分当たり 5 千円

受任に至った場合相談料は報酬から差し引かせていただきます。

アクセス

港区西新橋1-21-8弁護士ビル308号

  • 地下鉄「虎ノ門駅」徒歩5分
  • JR・地下鉄「新橋駅」徒歩8分

お車でお越しの場合、ビルの向かい側のコインパーキングをご利用ください。